シャンプー鑑定サイト
全商品ポイント5%!
通常、即日~2営業日以内に発送します。
5,400円以上ご購入で送料無料です。
お支払 お支払 日本毛髪科学協会

洗浄剤について

シャンプーに使われている、「洗浄成分」について、皆さんご存知ですか?あまり気にしたことはないと思います。しかし、シャンプーにとって洗浄成分は、その商品の品質を決めるといって過言ではないのです。

シャンプーボトルの裏面をご覧下さい。全成分表があります。配合量順に順番に成分が並んでいます。

シャンプーは水と洗浄成分でほとんどを構成しています。成分表を見るといろいろ入っているように見えますが、洗浄成分以外が仕上がりに与える影響は少ないでしょう。
洗浄成分を見極めることで、いいシャンプーというものは分かるのです。よい洗浄成分を使っているシャンプーは、そのまま仕上がりの良さにつながります。逆に質の悪い洗浄成分のシャンプーを使えば、いくらトリートメントなどをしても、髪の毛や頭皮はいい状態にはならないのです。

ここが盲点でもあり、大事なところなのですが、コンディショナーやトリートメントではなく、シャンプーの時点で髪の仕上がりはほぼ、決まっているのです。

シャンプーに使われる洗浄剤は、界面活性剤と言われるものです。界面活性剤は水分と油分などの混じり合わない物質同士の架け橋となり、溶け込んだ状態にする物質です。化粧品としては、乳化剤(水分と油分を混ぜ合わせクリームを作る)、洗浄剤(水では洗い流れない油性などの汚れを洗い流す)、また、帯電防止効果などもあり、コンディショニング剤としてリンスにも使われます。⇒リンス、コンディショナー、トリートメントの解説

それでは代表的な洗浄成分について説明します。

硫酸系洗浄剤
ラウリル硫酸Naなど成分名に硫酸の入るもの。高級アルコールを原料とした洗浄剤。
洗浄力が強い、原価が安い、生分解性が悪い、などの特徴があります。安さゆえか一番広く使われています。
また高級アルコールの高級はいい意味ではありません。成分表記の低級、中級、高級の分類上の高級というだけで良い意味ではないのでご注意を。
アミノ酸系洗浄剤
アミノ酸から作られた洗浄剤。マイルドな洗浄力で髪と頭皮の汚れを穏やかに落とします。石鹸と比べると泡立ちは多少劣ります。
髪自体、アミノ酸(たんぱく質)からできており、ダメージヘアにもやさしい洗浄剤です。
泡立ちの良いタイプや、しっとりした洗い上がりのもの、さっぱりふんわり仕上がるものまで数種類あります。
例:ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNaなど。
ベタイン系洗浄剤
両性界面活性剤という分類の洗浄剤です。非常にマイルドに汚れを落とし、柔軟、帯電防止などのコンディショニング効果もあります。泡立ちや洗浄力はかなり控えめ。
コンディショニング効果などを高める目的で、他の洗浄剤と併用されることの多い洗浄剤です。
例:コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Naなど。
グルコシド系洗浄剤
肌に優しく安全性の高い非イオン性界面活性剤という分類の洗浄剤。
本来非イオン性界面活性剤は泡立ちがなく、乳化剤として使用されますが、このグルコシド系洗浄剤は例外的によく泡立ちます。
低刺激でしっかりした洗浄力と泡立ちの良さがあり、潤いを保ちながら洗えます。実際シャンプーで使ってみると、洗い心地仕上がりともに良いです。
例:デシルグルコシド、ラウリルグルコシドなど。
酸性石けん系洗浄剤
石鹸の長所(低刺激・泡立ちが良い)を残し、欠点(アルカリ性である・硬水での石鹸カスの発生や泡立ち低下・強い脱脂力)を改良した弱酸性の洗浄剤。
弱酸性なので皮膚や髪にやさしく、生分解性が高く環境にも優しい。
アミノ酸系よりも汚れ落ちはよく、適度な洗浄力ですっきりと洗えます。実際使ってみると泡立ちはやや控えめです。石鹸とはつくが石鹸とは実はあまり関連がないという洗浄剤。
例:ラウレス-○カルボン酸Na(ラウレス-○酢酸Na) ※○には数字が入ります。
たんぱく質系洗浄剤
シルクやコラーゲンなどのたんぱく質からできた洗浄剤。穏やかに汚れを落とし、髪をダメージケアしながら洗える洗浄剤です。
トリートメントのような洗浄剤で、コラーゲンPPT洗浄剤はやわらかくとてもしっとりした洗い上がりに、シルクPPT洗浄剤はさらっとハリコシのある洗い上がりになります。
高価にはなりますが、それだけの価値のある洗浄剤です。
例:ココイル加水分解コラーゲンNa、ラウロイルシルクアミノ酸Na、ラウロイル加水分解シルクNaなど

以上で代表的な洗浄剤の紹介を終わります。


この中で1つ問題な洗浄剤があります。もうお分かりでしょうが、硫酸系洗浄剤です。
問題点は、洗浄力が過度に強く、髪や頭皮の水分油分を奪いすぎる、刺激も強い、生分解性が悪く環境に悪い、カユミやふけの原因にもなります。さらに頭皮から吸収され体の内部にまで悪影響を与えると指摘する専門家もいます。

最近女性を中心に、若い人の薄毛が増えてきたといわれていますが、この洗浄剤が原因とも言われています。
髪に対する特徴といえば、保湿効果などはなく、髪が乾燥しごわごわ、ぱさぱさになりがちです。カラーの色落ちも早いのです。洗うほど髪にダメージを与えてしまいます。

~硫酸とついている洗浄成分は避けることが賢明なのです。

↑ ページの先頭へ

カートを見る

商品メニュー


コンテンツ、その他


売れ筋ランキング