トップページ > 記事閲覧

標準スレッド スキンケアにシリコン

日時: 2016/07/26 19:23
名前: トラッキー
店長さん、こんにちは

今更と思うかもしれませんか、スキンケアにシリコンって気にすることはないんでしょうか?

こちらのサイトを知ってから、もちろんヘアケアはノンシリコンにしています。

あと、スキンケアはオーガニックの物など、成分を気にして使っています。
オーガニックがすべて良いとは言いませんが・・・

それなのでなるべくシリコンや合成界面活性剤等入っていない化粧品の方が良いのかなと、思っています。

ですが、自然派ではカバーしきれない部分もあるかな〜と最近思うようになりまして。

特にですが、メイクはほとんどケミカルコスメですし、
ファンデは自然派ですが、下地は自然派では肌の脂が押さえきれません。
なので、ケミカルの下地を使い始めました。

話が長くなってしまってすみませんが、クレンジングやスキンケア用品のシリコンってそんなに気にすることはないんでしょうか?


使ってみたいスキンケア等があってもシリコンが入っていると躊躇してしまいます。

店長さんの意見をお聞きしたいので、よろしくお願いいたします。
Page: 1 |
Re: スキンケアにシリコン ( No.2 )
Re: スキンケアにシリコン ( No.1 )
日時: 2016/09/15 15:38
名前:店長
ご返信が遅くなってしまい大変申し訳ありません。
トップページでもお伝えしているように、なかなか手が回りませんでした。
これからは掲示板等の時間もとれそうなので、よろしくお願いします。

スキンケアにおいてもシリコンはやはり落ちにくい性質があります。
(もちろんシリコンにも差はありますが)
なので完璧に落とそうとすると強いクレンジング力が必要になり、それは肌の潤いを奪うことにつながります。

私はほこりや花粉にアレルギー持ちで肌も荒れやすく、髪もそうですが元々潤いのない体質です。
なので分かりやすいのですが、洗浄力のしっかりある洗顔料で毎日洗顔していると、乾燥、脂浮き等がひどくなり、明らかに肌が汚くなります。
男なのでメイクはしませんが、それでもそれだけ影響します。
あとからいくら保湿しても完全には取り戻せないんですね。

ですのでやはり落ちやすいメイクを使い、やさしい洗顔料で洗うことは重要です。
しかしやはりそこは機能面の問題もあります。
肌質と、メイクの性能、落としやすさ、これの最適なバランスを見つける、ということになると思います。

ちなみにクレンジング剤にはシリコンを落としやすくするためにシリコンが使われたりします。
またある皮膚科医の先生が言っていましたが、完璧に化粧を落とそうと強いクレンジング剤を使ったり何度も洗顔するよりも、多少メイクは残っていてもいい、その方が肌に悪くないと言っていました。

肌の潤い成分を作り出す力はそれぞれ個人差があります。
その力の弱い人ほど洗浄には気を遣う必要があると思います。
日時: 2016/10/29 16:25
名前:トラッキー
店長さん、お忙しい中ご回答ありがとうございます。

スキンケアに使われているシリコンも完璧に落とそうとすると、かなり肌の負担になるんですね。

私もインナードライ肌で、乾燥するのにてかりが凄いという厄介な肌質です。

完璧にメイクを落とそうとするより、適度に落とすといいますか、あんまり神経質になりすぎないのも大事なんですかね。
洗浄力も強ければ強いほど、肌の潤い成分がなくなってしまって、乾燥の悪循環になりますよね。

店長さん、ありがとうございます。
お礼の返信が遅くなり、すみませんでした。

Page: 1 |
Copyright © HairHapi ALL RIGHTS RESERVED.