トップページ > 過去ログ > 記事閲覧

標準スレッド 鑑定をお願いします。

日時: 2008/12/20 00:25
名前: ホテイアオイ   <bosendorfer@rios.2y.net>
トリートメント
水、PG、ポリクオタニウム-10、エタノール、セラミドT、セラミドV、セラミド6U、フィトスフィンゴシン、ヒドロキシプロピルキトサン、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、メントール、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、メチルバラペン、フェノキシエタノール、香料、赤106

着色料が気になるものの、ジメチコン等が見当たらず、キトサンが入っているのでいいかな〜と思い、衝動買いしました。
鑑定をお願いします。

質問なのですが、成分表に書かれているもので、配合量が全体の10%を切るのはどのあたりでしょうか?
目安を教えてください。
よろしくお願いします。
Page: 1 |
Re: 鑑定をお願いします。 ( No.2 )
Re: 鑑定をお願いします。 ( No.3 )
Re: 鑑定をお願いします。 ( No.1 )
日時: 2008/12/22 23:42
名前:店長◆jdGTqqOXRvw   <shop@shampookantei.com>
ノンシリコンですね。
悪くはないと思います。
一つ気になるのはポリクオタニウム−10です。
これが上位にありますよね。これは1%ほど添加するのが普通ですが、このトリートメントにはどれ位入っているのか?
多いとすればとても珍しい配合となり、1%ほどとすればそれ以下も微量・・・

>配合量が全体の10%を切るのはどのあたりでしょうか?

水の次の2つくらいでしょう。
この鑑定依頼のトリートメントはかなり成分が薄いかもしれません。
日時: 2008/12/23 01:12
名前:ホテイアオイ   <bosendorfer@rios.2y.net>
>1%ほどとすればそれ以下も微量・・・
ほとんど水とPGのトリートメントなんて考えたくないですね・・・。

ポリクオタニウム-10とシリコンってどちらも皮膜形成剤ですよね。
違いはなんですか。
ポリクオタニウムはシリコンのような心配はいらないのでしょうか。
日時: 2008/12/24 21:44
名前:店長◆jdGTqqOXRvw   <shop@shampookantei.com>
高分子成分があるので、薄いのですがとろみがあって一見濃く見えるという・・・

シリコンは強烈な撥水性があり、シャンプーしても落ちにくい原因となっています。
ポリクオタニウムなどは水溶性ですし、シリコンほど落ちにくいことはないです。
元の髪の毛さえ栄養を与えて健康ならばまぁ被膜形成も悪くはないのかも・・・

Page: 1 |
Copyright © シャンプー鑑定サイト ALL RIGHTS RESERVED.