シャンプー鑑定サイト
全商品ポイント5%!
通常、即日~2営業日以内に発送します。
5,400円以上ご購入で送料無料です。
お支払 お支払 日本毛髪科学協会

ヘアケアの豆知識

浄成分の特徴は分かっていただけたと思うのですが、硫酸系以外の洗浄剤は髪に対し良い効果を発揮します。
そのため泡立てた状態で数分おくことにより、髪はより潤います。また、洗浄力が控えめなため、2度洗いをおすすめします。

のよい洗浄剤にはコンディショニング効果もあります。そのため特別リンスを必要とはしません。シャンプーのみで仕上げてしまっても問題ありません。
ただ、リンスには油分などが配合され、潤いを与え手触りを良くしたり櫛どおりをよくする効果があるので、ダメージのある方やロングヘアの人は仕上げとしてコンディショナーやトリートメントをすると良いと思います。

椿油などのノンシリコンの洗い流さないトリートメントは効果が高くお勧めです。毛髪補修成分が入っているものを選べば、より良いでしょう。
おすすめの洗い流さないトリートメントページに載っているものは、きれいな髪を目指すならばどれか一つは使うことは必須ではないでしょうか。

せ毛用をうたっているシャンプーには注意が必要です。今現在シャンプーで髪をストレートにできる成分はありません。
パーマ剤などを入れてくせが伸びるとうたっていますが、うそ、大げさです。買わないように気をつけましょう。
良い洗浄剤のシャンプーを使えばしっとり落ち着いてくせが気にならなくなる場合もあります。

アアイロンを使いカールを作ったり、くせ毛をストレートにしている方は結構いるかと思います。そこでコツなのですがアイロンは温度調整のできる業務用のものがベストです。そして温度を120度から140度の間に設定してください。150度以上だと毛髪の強度が低下するなどの弊害が出てきます。
また温度は適正であっても同じ箇所に長く当てるのはよしましょう。やはりダメージの原因になります。

皮のにおい、かゆみには・・・におい、かゆみの原因は、皮脂の洗い残しが酸化してにおったり、汗等に雑菌が繁殖してにおう等あります。
良質シャンプーを使うことを前提とし、シャンプーブラシを使う、ホホバオイル等での頭皮のマッサージ、シャンプー後にトニックや育毛剤を使う、などが有効になります。こちらで頭皮の臭い、ベタつきについて解説しています。

ヘアケアの知識に戻る

↑ ページの先頭へ

カートを見る

商品メニュー


コンテンツ、その他


売れ筋ランキング